FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝湯とモーニング。

20121216_01.jpg

王子駅から線路の東側を東十条方向にゆくと、跨線橋のあたりで引き込み線が分岐しており、東京では少なくなった踏切をみることができる。日本製紙の倉庫に通じる専用貨物線で、「北王子線」という。

20121216_02.jpg

正面、芝居の書割のような木が描かれた建物が日本製紙の倉庫。

20121216_03b.jpg

第一北王子踏切の道路標識。

20121216_04.jpg

「金星湯」は第二宮江町踏切のそばにある。実は金星湯の前の道路もかつては貨物線で、同踏切のあたりで分岐し、弧を描きながら東進、北本通りを横断して豊島5丁目団地となった日産化学工業王子工場に向かっていた。現在の地図でも廃線跡をはっきりと確認することができる。

20121216_05.jpg

この銭湯は日曜に朝湯を営業しているだけでなく、軽食付きのコーヒー(モーニング)を提供している。400円にしてはなかなか本格的である。

20121216_06.jpg

ロビーを設けて飲食物を提供する銭湯はときおり見かけるが、銭湯のフロントと喫茶のカウンターが一体化しているのは珍しい。店主は客から入浴料を受け取りながらトーストを焼いていた。

20121216_07.jpg

奥の喫茶カウンターから入口を見る。

20121216_08.jpg
金色のインクで押印されている。店主曰く、店名に合わせるためにわざわざ探したとのこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。