FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗字のような店名の銭湯(1)。

20120421_01.jpg

低気圧が近づいて頭痛がするので、大きな風呂で温まりたくなった。
東武伊勢崎線改め東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅近くの「田中湯」(墨田区墨田5-46-5)へ。

20120421_02.jpg

一般の商店と異なり、店名(屋号)に苗字を冠している銭湯は少ない。銭湯業界では建物の所有者と営業者が分離していたり、営業者が頻繁に交代したことがその一因であろう。なお、この「田中湯」の経営者は田中さんではない。住宅地図で確認したところ、非常に珍しい苗字であった。

20120421_03.jpg

20120421_04.jpg

「田中湯」の周囲は、狭い路地に木造家屋が密集する防災上問題のある地区である。隅田川東岸に連なる都営白鬚東アパートは、いざという時には防火壁となって延焼を食い止める役割を担う。

20120421_05.jpg

鐘ヶ淵駅近く、「肉のブッチャー」という看板を掲げた八百屋。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。