FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細く長く。

20110714_01.jpg

夕方になって少し暑さが和らいできたので、文京区目白台3丁目の「月の湯」に出かける。昭和6年開業の老舗で、東京の銭湯建築としては最も古いもののひとつである宮造りの建物を残していることで斯界では有名。ただ、先日の地震の影響で煙突が撤去されてしまったのと、屋根瓦が破損して応急工事が施されているのをみるに、かなり老朽化が進んでいるようだ。

20110714_02.jpg

現在は、火・木・日の週3日のみの営業となっている。番台に座っている小母さんの来れる日がすなわち営業日とのこと。営業を続けることはほとんど社会奉仕に等しいと思われるが、細く長く続いてくれることを願ってやまない。訪れた時には近所にある男子学生寮の「和敬塾」の学生が浴室を占拠していて賑やかであった。

20110714_03.jpg

神田川沿いの低地から目白台地を一気に上る富士見坂より新宿の高層ビル街を望む。ビルに遮られて富士山こそ見えないものの、都会の夕景は一見の価値がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。