FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非実在鳥取県民。

20110425_01.jpg

「金春湯」(中央区1) 中央区銀座8-7-5
 
「オステリア・モンテマーレ・トットリーネ」 港区新橋2-19-4食のみやこ鳥取プラザ2F 
「鳥取県産食材のスープ」1500円、「ピヨのトマト煮込みソースのピチ」1800円、「トトリコ黒豚のロースのグリル」2900円など。

いまだかつて鳥取県出身の人に会ったことがない。実在するのかしらん?

20110425_02.jpg

銀座の真ん中に残る銭湯「金春湯」の歴史は文久3年(1863年)にまで遡る

20110425_03.jpg

「金春湯」の辺りには高級クラブが蝟集しているが、時節柄、厳しい状態にあることだろう。これからも縁のない場所だけに形ばかりの同情にとどまるが。

20110425_04.jpg

「食のみやこ鳥取プラザ」1Fで鳥取県の物産を買う。以前は梨のことをぱっとしない果物だと思っていたが、最近、その美味しさを知った。

20110425_05.jpg

新橋駅前の立ち喰いそば店「ポンヌッフ」。「ポンヌッフ(pont neuf)」とはフランス語で「新橋」の意。だから「ポンヌフの恋人は邦訳すると「新橋の恋人」となる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。